l  福岡日本語学校では、4月と7月に計108人が入学する予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で、2人しか来日していません。校長は、「日本語学校は、在籍期間が2年と決まっていますので、来年の春まで学生が入れなかったら在籍者ゼロになって、事実上継続は難しくなる。留学生がいなかったら、閉鎖するしか道はない」と嘆くばかり。

l  関連団体の調査によれば、受け入れ予定の1割以下しか留学生が入学していない日本語学校が7割を占めており、すでに閉校を決めた先もあります。しかし、日本政府による入国解除は、ビジネスマンが優先で、留学生は後回し。

l  こうした状況下、学生の全員が留学生のオリオンIT専門学校は、来年4月入学の募集定員を倍増させ、120人に増やす方針。2年後に日本語学校の卒業生が激減することが明らかな状況下、前倒しで生徒を確保する算段です。学校外のバイトなどでのケガや病気も補償する傷害保険に学校負担で全員が加入できるようにした上で、8万円の入学金を免除します。日本語学校も、専門学校も、そして大学も、生死の境を彷徨うシンドイ局面が続きそうです。

Vol.699(2020.7.22号)より転載。詳しくは、このURLへ。http://nfea.jp/report

  BLOG記事「経済政策:ロボ酒場のレモンサワーは高い?」も参考になります。
異論・反論大歓迎ですので、是非、下記のコメント欄に、コメントをお寄せください。

外国人と経済の関係に興味のある方は ➡ 外国人経済研究所 へ http://nfeakeizai.blog.jp/
移民に関する国際情勢を知りたい方は ➡ 移民総研 へ 
http://nfeaimin.blog.jp/

コメント

 コメント一覧 (7)

    • 1. 郭 虹
    • 2020年07月15日 09:55
    • 日本政府は、外国人が嫌い…国籍差別し外国人を排斥します。但し、外国人は、日本の多くの業界人手不足や、大学・大学院・専門学校・日本語学校などの運営を支えています。また、外国人観光客がいなかったら、旅行業界を潰れてしまったことも、検証されました。多くの場面では、外国人は、日本の社会・経済を大きく貢献しています。残念ながら、日本のマスメディアでは、外国人に感謝するプラスの報道は、殆ど見られません。また、日本政府は、留学生入国を後回されて、日本語学校の生死を放置すると同じですねー。
    • 2. 陳 虹
    • 2020年07月15日 20:01
    • 5 確かに日本語学校は学校といえば、ビジネスの方が似っています。お客様が来ない場合は、非常に危険です。専門学校も同じです。コロナで、日本のトラベル業と留学生しかいない学校に対して、大危機です。どうやって危機を乗り切れる方法はコロナが落ち着くしかないです。それまでに、実力が強い学校はまあまあ平気ですけど、弱い学校を半分振り落とすと思います。
    • 3. 李 想
    • 2020年07月15日 20:06
    • 新型コロナウイルス感染症は留学生に大きな影響を受けています、今年度だけではなく、数年度に影響するかもしれない、日本は、ビジネス、経済は大事にする、でも外国留学生、人材も軽視しないと思います。
    • 4. 馬場 豊
    • 2020年07月16日 00:24
    • コロナの影響は、この学校の問題に限らずに、良くも悪くも本当にいろいろなところに出ています。この期に冷静な状況判断で、これからの対策を取れた組織のみが今後、本当に実力のある組織として残って行けると思います。
    • 5. プリンス
    • 2021年03月27日 15:12
    • コロナウィルスの影響は1年過ぎましたけど、また去年の同じになる、新入学できないかも知らない、3年後~5年後日本の多くの業界人手不足出てきます。日本語学校も半分ぐらいが落ちると思います。
    • 6. 陸
    • 2021年03月27日 19:27
    • 日本の経済には外国人の支援が必要で、日本語をできない外国人を含め、差別してはいけないと思います。
    • 7. BUI HOAI HOAN
    • 2021年03月28日 17:51
    • 日本語学校はこのような状況にあったことはありません
      そしておそらく誰もこの状況がこれほど長く続くとは思っていなかったでしょう
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット