l  日本語教育機関6団体による調査では、全国208校に4月入学を予定していた留学生は13,700人。約1,000人(8%)が入学を辞退し、11,600人(85%)が入国待ち。今春の新入生がゼロの学校は86校に上ります(7割超が1割以下)。日本語学校で学ぶ留学生は、2018年度に10万人を超えましたが、5~6万人にまで半減。3割が「経営に支障がある」状態です。800行にまで膨れ上がった日本語学校バブルの直後だけに、深刻な影響が懸念されます。

l  コロナショックの直撃を受けた観光業並みの惨状だと言ってよいでしょう。しかも、観光業のように、政府が「GO TOキャンペーン」を展開してくれるわけでもなく、自然淘汰に任せるという感じです。粗悪な日本語学校が少なくないことは事実なのでしょうが、何も手を打たなければ、良心的で良質の教育を提供していた先も大量破綻してしまいかねません。

l  将来を見渡せば、「日本語教育」というインフラが重要になることは必至。日本語教育推進法で所管官庁となった文部科学省が立ち上がるべきなのですが、大学や専門学校を守ることに必死で、とても手が回らないようです。

Vol.693(2020.7.14号)より転載。詳しくは、このURLへ。http://nfea.jp/report

  BLOG記事「経済政策:ロボ酒場のレモンサワーは高い?」も参考になります。
異論・反論大歓迎ですので、是非、下記のコメント欄に、コメントをお寄せください。

外国人と経済の関係に興味のある方は ➡ 外国人経済研究所 へ http://nfeakeizai.blog.jp/
移民に関する国際情勢を知りたい方は ➡ 移民総研 へ 
http://nfeaimin.blog.jp/

コメント

 コメント一覧 (3)

    • 1. 陳虹
    • 2020年07月03日 20:06
    • 日本に来る前に、まずは日本語学校に入って、ビザを申請する。1-2年ぐらい日本語学校で勉強しないといけない。これは日本の独特の経営文化だ。しかし、日本語学校を卒業しても、多くの人は進学できない。これは重要な問題だと思う。コロナの原因で、国にも帰らない留学生も多い。就職は唯一の選択肢だと思う。
    • 2. 陳虹
    • 2020年07月03日 21:44
    • 日本に来る前に、まずは日本語学校に入って、ビザを申請する。1-2年ぐらい日本語学校で勉強しないといけない。これは日本の独特の経営文化だ。しかし、日本語学校を卒業しても、多くの人は進学できない。これは重要な問題だと思う。コロナの原因で、国にも帰らない留学生も多い。就職は唯一の選択肢だと思う。
    • 3. 郭 虹
    • 2020年07月04日 22:06
    • 日本語学校を卒業したら、就職が難しいです。就職ができたとしても、ビザが下りにくいですねー。この現実を直視しつつ、進学を選択せざるを得ない逃げ道へ進むしかありません。高額の学費を支払う為に、知らず知らずのうちに、オーバーワークなどの不法就労になってしまう可能性が高いという悪循環での日本生活を送られてきた留学生が少なくないのでしょうか。特に、留学生を利用して、不法就労業者や【渡し】と言われる進学指定学校と連携して、ぼろ儲けの悪徳の日本語学校は、早く潰して欲しいです。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット