l  69日、技能実習生等を人材派遣会社に紹介し、別の会社で不法に働かせていたとして、人集め係のベトナム人と名古屋市の人材派遣会社社長ら3人が逮捕されました。就労資格のないベトナム人の男性2人を愛知県内の工場に派遣し働かせた疑いが持たれています。ベトナム人の容疑者が、SNSを通じて集めた就労資格のないベトナム人に偽造在留カードを渡し、人材会社に紹介することで報酬を得ていたようです。3人の関係先からは、偽造された在留カードなどが押収されており、数十人規模でベトナム人を紹介していたこともあり、警察は組織的に不法就労させていたと踏んでいるようです。

l  就労資格のない外国人を集め、偽造在留カードを渡した上で、工場等に派遣する手法は、3年ほど前から主流となっている手法ですが、手広く行われている割には、それほど摘発されておらず、闇が深いことを感じさせます。

l  そもそも論から言えば、永住者などの身分資格以外で、外国人を派遣するのは、入管法の観点から見て、かなりグレーな取引。この際、怪しげな外国人派遣については、徹底的に検挙すべきなのではないでしょうか?

【Timely Report】Vol.685(2020.7.2号)より転載。詳しくは、このURLへ。http://nfea.jp/report

  BLOG記事「経済政策:ロボ酒場のレモンサワーは高い?」も参考になります。
異論・反論大歓迎ですので、是非、下記のコメント欄に、コメントをお寄せください。

外国人と経済の関係に興味のある方は ➡ 外国人経済研究所 へ http://nfeakeizai.blog.jp/
移民に関する国際情勢を知りたい方は ➡ 移民総研 へ 
http://nfeaimin.blog.jp/

コメント

 コメント一覧 (3)

    • 1. ぎちんか
    • 2020年06月12日 14:20
    • 知識がなくて単に金儲けばかりやると本当に恐ろしい
    • 2. りくトウ
    • 2020年06月22日 20:08
    • 上記の報道について、コロナショックのせいで、日本にいる外国人だけではなく、元々日本に就職する予定の外国人の方がダメージが受けてます。それとともに、やっぱり在留資格の方が大事と思います。特にコロナショックで職を失った外国人のために、特例的に「特定活動」への変更が認められていますが、人材派遣会社により、違法の可能性もありそうです。
    • 3. 郭 虹
    • 2020年08月03日 17:49
    • 日本語が出来ず無知な外国人は、お金を稼げる仕事があれば、何も考えずに人材派遣業者に従います。外国人労働者を利用してお金さえ儲ければ、偽造在留カードまで用意して手段を選べない悪徳派遣業者が増えてきました。悪循環を進んでいる傾向があります。逮捕されたのは、ただの氷山の一角でしょう。何故、派遣先の責任を問わないのかと、なかなか理解できません。逮捕対象は、不法就労の外国人労働者と不法就労させた人材派遣業者だけではなく、派遣先も、逮捕処罰をずべきだと思っています。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット