l  2019年72日、愛知、大阪、埼玉の3府県で、在留カードの偽造工場が相次いで摘発され、15人が逮捕された事件で、偽造していたグループの「金庫番」とみられる中国人が捕まりました。この容疑者は不正に入手した口座を通じて、グループが国内の客に前払いさせた偽造在留カードの代金を中国に送金していました。顧客は主にベトナム人で、1枚あたり15,00020,000円で売っていたといいますが、3億円以上の売上げがあったと見られていますから、最大で2万人近くに偽造カードを提供した可能性があります。

l  不法残留者は65,270人(2019.1.1時点)に上りますが、この業者以外からブツを入手した輩もいるでしょうから、偽造カードで身分を偽って不法残留している外国人は34万人規模に膨張している惧れがあります。だとすれば、その勢力は、「経営・管理」(2.2万人:2018.12.31時点)よりも大きく、「技能」(4.0万人:同)に匹敵します。無視できる人数ではありません。

l  この事実は、皆さんの会社にも「偽造在留カード」を所持した外国人が現れるかもしれないことを意味します。注意するに越したことはありません。

【Timely Report】Vol.485(2019.9.6号)より転載。詳しくは、このURLへ。http://nfea.jp/report

BLOG記事
「偽造在留カード」が氾濫する!」も参考になります。

外国人と入管の関係に興味のある方は ➡ 全国外国人雇用協会 へ
移民に関する国際情勢を知りたい方は ➡ 移民総研 へ

コメント

 コメント一覧 (5)

    • 1. 池田 基
    • 2020年01月23日 09:29
    • 偽造在留カードがこんなに、はびこっているとは、驚きです依頼する方もですが偽造する方はもっと悪いでしょう、犯人は、またしても中国人ではないですか、アジアで一番裕福な国なんだからモラルも一流になってほしいです。
    • 2. ぎちんか
    • 2020年01月23日 17:12
    • 偽造在留カードをもって不法在留している方がいると聞いていますが、まさかこんなに人数がいるのがびっくりしました。日本政府は外国人に対してもっと門を開ければ、こういう犯罪率が少し下がるのではないか…
    • 3. 郭 虹
    • 2020年01月23日 22:23
    • こんな膨大な規模の偽造カード工場までできて、ぼろ儲けの悪業ビジネスになったことは、信じられないほど驚きました!外国人を見て、もしかして偽造カードを使っている不法滞在者かもしれませんと疑われやすいですねー職務質問に遭っても、警察官が偽造カードであることは、一目で判明できるのでしょうか?偽造カードを作る人と偽造カードを使う人は、明らかに違法であることを知りながらやるのが不安の毎日ではありませんか!犯罪者をいつか捕まえる!悪いことをしたら、いつか天罰を降す!とずっと信じています。
    • 4. 陳虹
    • 2020年07月04日 20:58
    • 5 初めて聞きました。偽造在留カードがそんなに多いですね!ぴっくりしました。ビザ申請の専門会社にとって、契約した人あるいはバイトの人、本物かどうか一目瞭然です。でも小さい小売店に対して、本当に簡単に騙されますかも。この方面が注意しないと、違法になるかもしれません。やっぱり専門の方に頼んだ方がいいです。募集する時に安心をさせます。
    • 5. 陸冬
    • 2020年07月05日 23:09
    • うそは本当によくないです。、偽の早晩発見されて日本の法律に抵触して、得不不合、合法的な日本の在留の身分を得るために正規のルートを通じて処理しなければなりません!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット