l  外国人留学生がいなければ、コンビニは24時間営業を維持できません。全国のコンビニでは、留学生が4万人働いており、東京の深夜帯だと67割の店舗で外国人が就業しています。本来、留学生は「勉強」が本文であり、「就労」することは不可。アルバイトは「裏口=資格外活動」で特別に認めるという建付けです。世界に通用する日本の製造業を代表するのがトヨタなら、日本の非製造業を代表するのはコンビニ。しかし、そのコンビニを支えているのが、「裏口入学の留学生」だとすれば悲しい限りです。

l  日本のコンビニは、公共料金支払も、小包も、カフェも、チケットもある世界的に珍しい小売りの形態。コンビニが実践している「単品管理」は、欧米のビジネススクールが取り上げるほどの高度なマネジメント手法でもあります。そもそも立法当時、「人文知識」という在留資格は、日本人の大学卒が就労するような仕事という捉え方でした。「販売=単純作業」という紋切り型の解釈を止め、以前のように「技術・人文知識・国際業務」でコンビニの就労を認めることこそ、入管に求められていることではないでしょうか。
建物, 暗い, 泊, 利便性, ストア, ショップ
【Timely Report】Vol.197(2018.7.5)
より転載。詳しくは、このURLへ。http://nfea.jp/report

BLOG記事
外国人に美容師は無理?」も参考になります。

外国人と経済の関係に興味のある方は ➡ 外国人経済研究所 へ
移民に関する国際情勢を知りたい方は ➡ 移民総研 へ

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 井元敏雄
    • 2020年01月29日 15:29
    • 職種の限定ならわかるが 単純、高度に線引きは如何なものか 現場経験も必要だし 単純からステップアップもあって然るべきだ  運転手はどこまでが研修と言えるか 基準を設ける必要あり
       コンビニ単純から店長になれない訳かな
    • 2. 全国外国人雇用協会
    • 2020年01月30日 11:23
    • >>1
      ご指摘通り、「線引き」があいまいで、時期により、審査官により、右往左往しているのが問題です。平成元年の入管法改正で、在留資格「人文知識・国際業務」を新設した、元東京入管局長の方は、「日本の大卒が就業するようなところは、在留資格を認めていい」という解釈で改正した」とおっしゃってましたが、現実はそうなっていません。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット